顧問契約

 会社が何らかの契約を締結するにあたっては、将来起こりうる問題を検証し、トラブルを回避するための方策を事前にとっておくことが非常に大切です。そのようにして会社としての心構えを持つことによって、仮に紛争が発生してしまった場合にも冷静かつ適切に対応することができます。

 とはいっても、会社の法的な問題を専門とした法務部門を設置することができる会社は多くないというのが現状です。

 そこで、弁護士とのご相談を継続的にかつお気軽にしていただけるようにするのが顧問契約です。

 あらかじめ顧問契約をご締結いただければ、通常では費用倒れに終わってしまうような規模の案件であっても、顧問料の範囲内で適切に処理することが可能となります。また、逆に、裁判案件のご依頼など、顧問料以外の費用を頂戴する場合においても、顧問先を対象とした弁護士費用の調整をさせていただきます。



 顧問料は、ご契約先企業の規模や業務内容などを考慮して、ご相談のうえで決めさせていただきますので、まずはお気軽にご連絡ください。